Ashita's LifeLog

ナウでヤングなブログサービス
↑   ↑
センス良すぎです(デフォルト)
ゲーム「地球防衛軍2」
2005年7月28日発売のPS2用ゲームにハマッている。
simple2000シリーズの「地球防衛軍2」(税込2100円)

前作をプレイしていないけど、ユーザによるレビューサイトを見て
ゲームというものを久しぶりに買ってみた。

発売日から売り切れ店続出、4件探したけど売ってなかった。
なんでそんなゲームが売れるのか、
レビューを見ると説得力がある内容が延々と書かれているのが気づく。

フルプライスゲーム(7000円くらいするソフト)を買って満足出来なかった人、
真三国無双で爽快感を味わえなかった人、
PS2で初めて熱中できるゲームだ、という内容だった。


で、どんなゲームなんだ。
主人公は陸戦兵の男性と空を飛べる女性兵が、本気で数え切れない敵の大群と
100種類以上ある武器で戦うといったもの。

敵に囲まれた絶望的な光景で、段々強い武器を手に入れる。武器が強くなったと安心すると、処理(コマ)落ちも激しく敵が本気で殺戮してくる。1Pでプレイする場合に味方はいません、数え切れない敵や画面に収まりきれない戦艦が続々と襲ってきます、画面に収まりきれないゴジラみたいのもいた。
市民は逃げまとい、UFOの攻撃は一瞬で周囲のビルを吹き飛ばす。

これをやってて思うことは、ファミコン時代のアツさだ。
ホーミング系の武器を使うと、ほとんど動かずにクリア出来る面もある。
画面内に敵が多すぎるとカクカクになる。
巨大な戦艦をぶっ壊すと画面が揺れる、武器に弾切れはないけど、
リロード時間は各武器によって異なり、リロード中に敵がわさわさくると
本気で恐怖する。

操作方法はとても簡単で、説明書を読まなくてもプレイできる。
強力な武器を使うと周囲のビルごと一掃できる。

評価できる点
:値段のわりに内容は充実。長く遊べる。
:内容が悪いと思っても2000円と思えば、損は少ない
:気がつくと4時間くらいやっている(中毒性あり)
:絶望のなかで大量の敵を退治することは、これまでにない爽快感
:考える必要がない、とにかく打つべし(上級レベルでは逃げる必要有り)

評価できない点
:昆虫嫌いな人はダメだと思う。
:ラジオで絶望的な音声が流れるのけど、結局一人ぼっち(逆にこれが良い)
:武器と体力のレベルアップが大変、アイテムの回収は陸戦兵だと辛い
:ステージが多いのは良いけど、同じようなステージもある。
:1ステージに2種類しか武器を持っていけない。

ちなみに16時間くらいかけてやっとクリアした。(イージーモード)
最後のあたりは「マジっすか!!?」の連続で特にやめられなかった。



敵に当てるつもりがビルを破壊している


こんなのどうやってぶっ壊すんだ


ゴジラ風と戦う


空だって飛べるんです


恐れるな!戦え!!ぶっ壊せ!!



地球防衛軍2公式サイト
http://www.d3p.co.jp/top/special/s20_special.html

ユーザによるレビュー一覧
http://kyoichi.mods.jp/ps2/soft_05/act/simple81.html
| あした | ゲーム | 21:50 |trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:50 |- |
http://redcurb.jugem.cc/trackback/343
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
SPONSORED LINKS